ランディングページをナチュラルに感じにして訪問者を獲得するということも考えられます。自然にランディングページを作ったらナチュラルな感じになることもあります。
ランディングページで訪問者の気を惹こうとしてかなり無理をしているところが多いですから、ナチュラルな感じがするところは逆に好印象となることも多いといえます。
サイトのイメージもランディングページで決まってくることになりますから、ランディングページをそれほど凝ったものとしないというのも一つの方法でもあるのです。ナチュラルな感じが伝わってくるということは、使いやすいというようなイメージにもつながるので、サイトとしてのイメージも上げやすいということにもなります。

基本的にサイトは使ってもらうという概念があると考えるべきでしょう。ランディングページだけでサイトで表現したいことの全てが終わるということはまずありません。サイトのいろいろなところに入ってきてもらって、いろいろな情報を紹介したいとほとんどの人は考えているはずです。となれば、そのような時に入り口を凝ったものにして、行状しい感じを与えるよりはスマートで自然な感じを与えた方がいい印象を持ってもらうことが出来やすいと感じるでしょう。サイト内はいろいろと見て回りたいという人が入ってくるのかサイトですから、見て回りやすいという印象を与えることは良いことだといえます。

ランディングページを自然な感じに見せるのはそんなに難しいことではありません。慣れれば当然のように出来るといってもいいでしょう。要はあまり物を詰め込み過ぎないことです。多くのサイト経営者がここでミスをしていることが多いと言えます。サイトはより多くの情報を訪問者に伝えるところですから、どうしてもランディングページには多くの情報を詰め込みたくなります。そうしないと不安になるからですが、これが却って逆効果となることが多いのです。詰め込み過ぎた情報は訪問者を圧迫するような感じになります。まして、収益を上げたいという気持ちから広告をいっぱい掲載しているようなランディングページもありますが、そのようなものを見てサイト内に入っていきたいと考える訪問者はほとんどいないといってもいいでしょう。

ランディングページはサイトの顔となるものですから、ここではサイトがいかに使いやすいものかをシンプルに表現するようにすべきです。分かりやすい例を考えるなら絵本の表紙のようなものと考えるといいでしょう。絵本の表紙を手に取って見たいと感じるのは、全ての絵が表紙に積み目込まれたぎゅうぎゅうの息苦しい感じのする絵本か、シンプルにサンプルのような一つの絵が自然に表紙に存在するものかを考えればいいのです。ほとんどの人が後者を選ぶでしょう。何故ならその表紙から見やすいものだというイメージを受けるからです。表紙はあくまで表紙であって、その内容が吟味されるものではありません。ですから、情報を詰め込み過ぎてもいい結果が出るわけではないということです。

ランディングページをナチュラルな感じにする一つのコツは、目的のものだけをシンプルにわかりやすく表現することです。絵やイラストなどを使って一つのものを表現するといいでしょう。それ以外の情報はそこには載せないようにします。すると、当然その情報を受け取る側はシンプルな一つの情報だけを受け取るようになります。当然これは分かりやすいということになります。何しろ一つのことだけがあって、その情報を受け取るだけですから、まずこれは分かりやすいと判断されるでしょう。シンプルなものが何故いいのかということがこの分かりやすさにあります。
逆に多くのイラストや絵をぎゅうぎゅうに配置したとします。これから受け取るイメージは実に多くのものとなるでしょう。となれば、制作者がどんなことを伝えようとしているのかということはなかなか伝わらないことになります。つまり、これが難しいと判断される理由となります。

ランディングページはアートではありません。どんなにすごい技術を使って感動させることが出来るようなものを作ったとしても、それは目的として違った方向を向いているということになります。ランディングページにやってきているのは美術館を訪問したいとして来ている人たちではなく、検索エンジンの検索結果で上位に表示されたなどの理由でたまたまそのページにたどり着いたというような人たちです。こうした人たちを迎え入れるサイトとなるのは、そのサイトの訪問理由に応えることが最も要求されていることだと考えられます。となれば、サイトが求めている答えを持っていそうだと感じさせることがランディングページの役割ですから、サイトを使いやすいものだと思わせることが大切になるのです。シンプルなものは使いやすいというイメージに直結します。ですから、シンプルなナチュラルな感じがいいのです。