賢くランディングページを作るなら、目的や目標などを定めることが必要です。一般的には、企業や通販サイトなどが、自社の売上を上げるために、用意するのがランディングページです。つまり、すぐに売上や会員数獲得などにつながるようにすべきです。制作をするためには、売上を伸ばしたい会社の考え方をしっかりつかまなければなりません。優秀な従業員がいる組織ならば、明確に今後の方針なり、対応すべきことがわかっているのですが、会社のために深く考えている人は少ないです。

企業の要望を聞いて、より良いランディングページを制作するためには、ウェブの従業員の方が、的確な判断を下せる場合もあります。企業の従業員は、売上を上げる、原価を下げる、利益を上げるだけのことしか考えておらず、それぞれの方策について、しっかり考えているとは思えません。何が強みで何が弱み、どこにチャンスがあって、どこに脅威があるのかも理解していない場合もあるのです。大企業病なのですね。自分に与えられた仕事だけをしっかりして、周囲のことが見えない人が多いのです。仮に、そんな人がランディングページの構成を考えても、絶対にうまく仕上げることはできません。当たり前です。自分の仕事しか見えていないのですから。

外注業者のウェブデザイナーから、指摘される自分ではわからないことを理解できる人ならば、会社の成長の余地もありますが、下請けから言われたことなど、参考にならないと思うような大企業の従業員は、社会人として失格ですし、人としての資質も疑います。

人気のあるランディングページ作成業者では、委託された仕事であっても、第三者的な目で、会社をみます。そして、会社のことを思って、良かれと思うことを提案します。自分では気づかないことを教えてくれる存在なのです。しかし、発注している会社なのだから、指示に従うように促すような会社は、すぐに倒産してしまうでしょう。

大企業に勤務しているほど、木をみて森を見ずという環境に置かれていますので、会社の方針や、所属部署の目標などを意識していないのです。つまり、自分自身の目標すら決まっておらず、与えられた仕事をこなすことだけを目指しています。新しいことを考えて提言することなど全くありません。人気のあるウェブデザイナーなどに、あらゆる意見を進言してもらえれば、自らの考え方を変革することもできます。しかし、外注から言われたことを大切にすることなく、マイペースで仕事をしている人の将来は、きっとダメになるでしょう。

他業種でも、会社全体のことを考えられるウェブデザイナーの方が、余程、経営センスに優れています。

カテゴリー : WEB