ホームページやブログを保有して、商品を掲載していても、販売できるわけではありません。オンラインでビジネスを行うためには、集客や販売法など、様々な技術が必要になります。また、オンラインで商品を売るためには、適切なランディングページを掲載していることが、非常に重要です。ランディングページでは、顧客に対して、商品の魅力を的確に伝えながら、顧客心理をくすぐる文章を掲載します。顧客心理を理解することはとても重要で、心理学や行動経済学など、参考になるものは数多くあります。また、顧客心理を知れば、ターゲットごとに文面を変えて、複数のランディングページを作成することも可能になります。ランディングページを書くために必要な日本語は、教科書で習うものとは、大きく変わります。

ランディングページに書かれている文章は、セールスコピーと呼ばれています。最適なセールスコピーの表現は、新聞記事やエッセイなどとは、大きく異なる日本語です。お客さんに買ってもらうためには、顧客に商品の魅力を感じ取ってもらう必要があります。そのための日本語表現では、まず、お客さんの悩みを指摘します。そして、お客さんの悩みを解決するための方法は、ページで紹介されている商品を買うことが、一番有効なものだと納得してもらいます。キャッチコピーを書くために必要な技術は、コピーライティングと呼ばれており、数多くの学習用書籍が販売されています。新聞記事やエッセイを読むことは、ランディングページに掲載する情報を知るうえで、とても大切です。しかし、新聞記事やエッセイの書き方を参考にしては、適切なセールスコピーを書くことはできません。

セールスコピーの表現に使われている日本語は、極めて特殊です。そのため、学校や会社では、なかなか教わることができません。ランディングページの表現として、最適な日本語を身につけるためには、色々なランディングページのパターンを確認しておくことが重要です。販売されている商品によって、セールスコピーのパターンは変わります。化粧品と健康食品や、ゲームとアニメといった、類似している商品でも、セールスコピーは相当変わります。コピーライティングの技術は、学習さえすれば、十分に習得可能です。書籍や教材などに加えて、数多くのランディングページのパターンを知っておけば、販売する商品に合わせて、適切な日本語を当てはめることが簡単にできます。

カテゴリー : WEB