ランディングページと聞きましても、どんな意味なのか分からない人もいるはずです。以下に入門編として、ランディングページとは何かということを説明します。内容を理解して、ご自身の会社の売上アップのために利用されるとよろしいです。

ランディングページとは、ネットでのリスティング広告をクリックした際に表示されるページです。ページ作成の目的は、売上を上げる、会員数を増やすなど、企業の業績を向上させるための一方法です。消費者が何らかの商品を購入したい、サービスを享受したいと思った場合、必ずネットで、検索ワードを入力します。そして、そのキーワードに見合う結果が表示されます。検索結果を見ますと、ページの最上部及び横に広告枠が表示されます。これをクリックしますと、ランディングページに遷移するという流れです。

広告枠をクリックした消費者は、興味を持って内容を確認するという意味で、売上に直結する可能性を秘めた人達ばかりです。従って、ホームページの中から、需要を喚起する部分を抽出して、1枚にまとめたものです。縦長の構成になっている場合が多く、縦スクロールを利用すれば、時間をかけず、内容を把握することができます。

売上をあげるためには、ページの構成をしっかり考えることが必要です。キャッチコピーをしっかり考えることや、見栄えの良い画像やイラストを利用すること、お客様からの声などをしっかり伝えて、消費者の不安を払拭し、求めている情報をしっかり伝えることが必要です。そして、注文画面を設置して、簡単な入力で購入できるようにします。ちなみに、ランディングページからの購入の成果は、コンバージョンと言います。この率を高めることで、ページの良し悪しを理解することができます。

ページを作るためには、実績があり、優秀な業者を見つけることが必要です。そして、ランディングページ作成の計画を立案します。業者に対して、どのような内容を訴求してもらうのかをしっかり説明しなくてはなりません。また、ページのデザイン性についても考慮する必要があります。テキストデータばかりでは、お客様は内容を確認しようとも思いません。最もアピールしたいことなどを、画面を開いた一番上に配置するなどの工夫が必要です。

ホームページを作成した実績のある人は、簡単に自分で制作できると思いがちですが、そんなに簡単なことではありません。特定のお客様に対しての最適化をしなければなりませんし、リスティング広告の仕方なども考慮しなければなりません。従って、プロの業者に依頼することをお勧めします。費用については、20万円から30万円だと考えればよろしいですが、アクセス数を高めるための方策などを考慮しますと、かなりの費用がかかります。

以上が入門編です。

カテゴリー : WEB