ネットショップでランディングページの作るメリットは、特定の商品の売り上げを直接獲得することが可能ということです。ランディングページの特徴は、特定の商品を売るためだけに作られたサイトなので、入り口が一つだということです。入り口を一つにすることで、他のページへの流出を防ぐことができます。また、ランディングページでは、他のサイトへのリンクを貼らないので、囲い込みをすることもできます。商品を欲しいと思ったらそのまま注文をすることができるよう、記事の最後や途中に申込み先のリンクを貼ります。これが、直接商品を売ることにつながる理由です。
また、情報も濃いのが特徴です。それを見ただけで情報がわかるようになっています。他のページに逃げてしまうのがいけないわけですが、情報があいまいであれば、それを調べるために別のホームページに移動してしまいます。移動過程で購入する気が無くなることもありますし、別の商品の方がよさそうだと感じて、競合する商品に逃げてしまうこともあります。そのページで情報をすべて開示して、疑問点が浮かばないようにすれば、特定の商品の購入に結び付けるために囲いやすくなります。あとは、最終的に購入に至るようにするために消費者目線に立って具体的なメリットを書いていく必要もあります。これは、セールストークと同じような構成で書いていきます。重要なのは、その商品を最終的に買ってもらうことですから、ここでは消費者が不安に思いがちなことやよくある質問については、回答をしておくのが無難です。
このように、ネットショップでランディングページを用いることのメリットは、特定の商品の購入に結び付けやすいということです。そのため、ネットショップで扱う商品が少ない場合や、主力商品としてそれを特にアピールしていきたいというのであれば、ランディングページを活用すると効果的です。作成をするためには、見てくれた人の気持ちを購買につなげるために、上述のとおりの点に気を付けていく必要がありますが、これはある程度の経験を積まないと作っていくことはできません。そこで、まったくのランディングページの作成の経験がない場合は、外部に委託をして作成してもらうというのも一つの選択です。ホームページの制作を請け負っている会社であれば、どのような構成が商品の購入に結び付けられるかはわかっていますから、効果的でコンバージョンを最大化することができるランディングページを作ってもらうことができます。

カテゴリー : WEB