ランディングページは、直訳をすれば着地ページということになりますが、ネットマーケティングの世界で主に用いられる場合の意味は、特定の商品やサービスに対する直接のアクションを期待するために用意されるサイトです。普通のホームページは、サイトが多重構成になっていて、リンクをたどって情報を取得していきます。しかし、この方法だと、検索をして訪れた人が下層ページにいきなり言っても、そこに書かれている情報を十分に理解することができません。そうなると、ページを訪れた人は直帰してしまいます。ランディングページはそれを避けるために、ページ数は1枚になっており、申し込みや問い合わせ以外のリンクは特に用意されていません。これなら、その商品について調べた人が訪れるページは一つになりますから、途中から理解をすることができずに帰ってしまうという事態を防ぐことができます。ネット専門で販売している商品の公式サイトや、住宅展示場の予約を集めるためのサイトなどが、こういった構成になっています。
ランディングページは、1枚のサイトなので、そこで情報を最初から解説していき、商品やサービスの購入や問い合わせにつなげるのが基本です。それまで知らなかったことをわかりやすく伝える必要があります。また、それを見た人が即座にアクションを起こしてもらえるように、消費者目線でメリットを解説していく必要もあります。これらは、ランディングページ作成者の腕の見せどころです。単に情報の羅列をするだけでは見向きもされませんから、工夫をする必要があります。
インパクトのあるランディングページ作りなら、専門の業者に作成を依頼するのがおすすめです。ネットサービスを分析して、最適なサイト構成をすることができるよう、専門の業者は日々研究をしていますから、消費者の心をぐっとつかむことのできるインパクトのあるランディングページも作ってもらうことができます。それに、専門としているので、これまでの作成実績もありますが、その蓄積によって得られたノウハウも生かしてもらうことができます。ランディングページの目的は、直接のアクションをどれだけ獲得することができるかですから、専門のスキルを活かしてもらった方が、その目的を達成することもしやすいでしょう。利用する業者を選ぶ際には、業者が公表している過去の制作実績を見るなどして、依頼するのにふさわしい業者かどうかを比較していくと良いです。

カテゴリー : WEB