不動産会社は、一昔前は直接お客さんがお店に訪問してくれ、不動産を選びましたが、最近はインターネットが発達したせいで、まずはインターネットの情報を頼りにして良い物件を探し、良い物件が見つかれば次に直接不動産会社に訪問するといった形が多くなっています。特に20代から50代ぐらいのインターネットを頻繁に使っている世代であれば、直接不動産会社には訪れず、たいていホームページから情報検索します。20代から50代は、不動産を借りる人が多いため、ホームページの充実が急がれるところです。
ホームページを充実させるためには、ランディングページを作り多くのお客さんを誘い込むことが重要です。ランディングページは自分でも作ることは不可能ではありません。標準的なレベルのものであれば、素人でもそれなりにつくるこむことができます。ただし、その人はパソコンの知識があり、センスがよい場合に限られます。あまりセンスがなくパソコンの知識がなければ自分たちでランディングページを作ってもあまり効果的とはいえないでしょう。もし、やってみなければわからないのであれば、実際にランディングページを作り、そこからどのぐらいのお客さんが来るか、あるいはどれぐらいの人が閲覧しているかを確かめましょう。しっかりと目標の数値を超えるほどのお客さんが来ていれば問題ありませんが、閲覧者自体が少ない場合はホームページそのもののアクセスを増やすしかありません。一方で、ホームページの訪問者やランディングページの訪問者は多いのに申込者が少ない場合はランディングページに魅力がない可能性があります。その場合には、もう一度ランディングページの内容を見直して編集し直す必要があるでしょう。何度か編集しても相変わらず申し込み人数が少ない場合には、専門的な業者にお願いをした方が確実です。
業者を選ぶ場合は、実績がある業者の方がよいでしょう。例えば、実績ナンバーワンのLP制作業者であれば、しっかりとしたページを作ってくれます。その結果、お客さんの数が倍増するでしょう。そのように考えれば、実績ナンバーワンの業者に支払うお金も決して高いものではないはずです。ですが、実績ナンバーワンの業者が基本的にほかの業者よりはるかに高いため、本当にそこまでしてお客さんを獲得したいか疑問に思う人もいるでしょう。ちなみに、毎月50万円以上かかるところも少なくありません。その場合は、そこそこ実績があるところを選びましょう。

カテゴリー : WEB